« フリースタイルスキーのハーフパイプがオリンピック種目に昇格。基礎スキーも、、、? | トップページ | 骨折が完治したと思う?。 »

2011年4月 8日 (金)

クラウン養成装置の開発を復活?

 ところで今日は暑かった。

そろそろ、この

D1000202 ALC用サポータの画

前十字靱帯用のサポーターをしていると暑い季節になった。

デモこれがないと膝の動きが超悪くなるので外すわけにはいかない。

そんな状態なのでこれから入院、再建手術、リハビリに再手術でピン外しにと、

長くてスキー出来ない辛い道のりが待ってる?。

なので、2009-2010シーズン始めに行ったクラウン養成装置の

開発を復活させようか?。と悩んでいたんだけど、

その、この、

にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村に参加しているお方のお仲間で

スキー技術の解明をハイテク機器を用い実験している

素晴らしい世界級のお方がいる。

俺も昨年の12月に部品を買ったけど

ほったらかしになっていたクラウン養成装置の開発を復活させる積もり!。

D1000204 Force Sensing Resistorsの画

画は某世界のお方と同じ働きをする部品だけど、

俺のはその世界のお方のと比べると

相当みみっち~規模で、スキーに行く事と

勉強をする事以外は結構口先だけなので

多分報告は出来ないと思う!。

けど、今回はオフシーズンが長いので、もしかしたら、、、完成って事もありかも?。スキー復活まで、後321日。

にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村に参加しております。いつもクリックありがとうございます。

« フリースタイルスキーのハーフパイプがオリンピック種目に昇格。基礎スキーも、、、? | トップページ | 骨折が完治したと思う?。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

業怪人の戯言!」カテゴリの記事

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クラウン養成装置の開発を復活?:

« フリースタイルスキーのハーフパイプがオリンピック種目に昇格。基礎スキーも、、、? | トップページ | 骨折が完治したと思う?。 »

日本ブログ村

人気ブログランキング(ワンクリックお願いします)

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ